女性に嬉しい職場はどういった所なのでしょうか?

薬剤師に関する気になる転職情報などをご紹介いたします。

薬剤師として活躍したいなら産休は難しい?!

薬剤師として活躍している人の男女比率は、男性が4割、女性が6割といわれています。つまり、現場では女性の方が若干多いのですが、働いていく上で、女性ならではの悩みがあるようです。 中でも特に多いのは、結婚や出産、育児と仕事を両立することについてです。結婚に関しては、そのまま寿退社をするということになるか、もしくは転勤などがあるために、職場が変わるというケースが多いようです。

一方、出産や育児に関しては、一定の期間休職するということがほとんどだといえます。今まで薬剤師として活躍してきて、今後も更に現場で働いていきたいと考えていたとしても、産休や育児休暇はしっかりと取りたい女性は多いものです。

また、子供が小さいうちは、できるだけ傍にいたいという人も多いといえるでしょう。しかし、思い切って産休や育児休暇を取って、いざ復職しようとした際、結局解雇となってしまったり、遠回しに退職するよう促されるケースがあるといえます。

ということは、長い目で見て薬剤師として活躍していきたいのであれば、産休や育児休暇を取らない方が良いということになるのでしょうか。 結論としては、そのようなことはないと言うことができそうです。ただし、しっかりと産休や育児休暇が取れるかどうかは、実際に働いてみなければ分からないケースがほとんどだといえます。

そのような時は、薬剤師の求人を専門的に扱っている求人サイトを利用してみると良いでしょう。 専属のコンサルタントが相談に乗ってくれるため、しっかりと自分の要望を伝えることができますし、産休や育児休暇を取ることが可能かどうかについても、事前に確認することができるでしょう。

今までは、産休や育児休暇をとることはできないと、最初から諦めてしまったり、復職後に待遇面で不満があっても文句を言うことができないということが多々ありました。

しかし、働く前にコンサルタントが交渉してくれますので、後から話が違ったということは起きづらいといえます。費用も無料ですので、しっかりと産休を取りつつ、薬剤師として活躍していきたいのであれば、薬剤師の求人を専門的に扱っている、求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか。