保険薬局について正しく理解しましょう!

薬剤師に関する気になる転職情報などをご紹介いたします。

薬剤師が勤務する保険薬局とはどんな薬局なのか?

<薬局>を言う名称が使用できるのは条件があり、調剤室があり薬剤師が医師の処方箋に基づいた調剤をできる場合に限ります。 そうじゃないドラッグストアでは<薬局>というネーミングをつけることができずに<××ドラッグ>とか<××薬店>などという表記になっています。

その中で、保険薬局という表記を見ることがありますが、ここでは薬剤師が勤務する保険薬局とはどんな薬局なのか?をご説明いたします。

薬局の中でも特に保険調剤と言って「健康保険などの保険を利用して調剤することができる薬局」が保険薬局になります。 保険調剤をするには保険薬局の指定を受けるのみならず薬剤師も保険薬剤師として登録する必要があります。 また国民健康保険や社会保険などを使った調剤をしますから保険請求手続きや保険点数の計算など保険にまつわる業務も含まれます。

保険薬局に指定されていない薬局では大衆薬を販売したり調剤はできても保険調剤をすることは認められていません。 逆に保険薬局は保険調剤のみならず大衆薬の販売も可能です。 一般的なイメージとして保険薬局は医療機関の隣に一緒にできた薬局という、いわゆる門前薬局が多いと思います。 けれども最近では病院などに併設しているタイプでない薬局でも保険指定をうけ保険調剤を実施している所も多くなっています。

日用品や健康商品や美容商品や食品や一般医薬品を市販しているドラッグストアも保険指定を受けて店舗の一部で保険調剤をする<調剤併設スタイルのドラッグストア>も多くなっています。 このように保険薬局が多くなってきているのでマーケットは飽和状態になってきています。

そんな背景もありサービスを向上して他の薬局との差別化をすることに力を入れるようになっています。 その結果、複数のクリニックや診療所や病院からの薬の処方の組み合わせを一括して管理する<かかりつけ薬局>という概念ができてきました。

以上、薬剤師が勤務する保険薬局とはどんな薬局なのか?を説明しました。 2008年(平成20)年4月より保険薬局では<変更不可>の指示がなければ医師から指示された先発薬のもならず同じ効果が期待できるジェネリック医薬品(=後発医薬品)も自由に判断して良いことになりました。

ジェネリック医薬品はお値段も安いですから患者様の負担を減らせるので保険薬局ではそんなアドバイスをする役割も求められています。