病院薬剤師も保険薬剤師登録が必要なの?

薬剤師に関する気になる転職情報などをご紹介いたします。

病院薬剤師と保険薬局で働く保険薬剤師の業務の違い

薬剤師になるには薬科系大学で6年間の正規課程を修めて卒業し薬剤師国家試験に合格することで資格が与えられます。 例えば製薬会社で薬が新規開発されて患者様の手に届くまであらゆるシーンで薬剤師が関与しています。

薬剤師の就職先は製薬会社で新薬の研究開発や実験をしたり医薬品情報の提供や副作用情報の収集をするMRがありますし、病院内で仕事をする病院薬剤師や保険調剤薬局で働く保険薬剤師もあり、保健所や水道局などの行政機関で働く薬剤師もいます。

薬剤師免許があればいろいろな職場を選択できますが公的医療保険の適用を受ける調剤ができるのは保険薬剤師に限定されます。 例外があって病院内の薬剤部で仕事をする病院薬剤師は保険調剤を行う場合でも保険薬剤師登録は不要です。 ここでは、「病院薬剤師と保険薬局で働く保険薬剤師の業務の違い」について解説をしましょう。

調剤をしたり薬の説明や指導をするのは共通していますが病院薬剤師は「医師の指示に下で仕事をすること」になっています。 入院患者様と外来患者様の2通りのパターンによっては投薬の管理方法は異なりますし医療現場を目の当たりにし最先端医療に触れたり患者様の病状を見ながら指導するケースもありますし注射や点滴の調剤もします。

一方の保険薬局はひとつの独立した医療提供施設であり薬剤師が中心となっての運営になり医師から指示が出た処方箋を基準にして保険調剤をします。 調剤料の点数の解釈や算出方法や請求までトータルの手続きがひとりでできるような介護保険や健康保険の知識が要求されます。

患者様の質問があっても薬の説明のみならず金額の説明もできるような知識が求められているのが保険薬剤師の大きな特徴になります。

業務だけでなく取り扱う薬剤の中身も相違点があり病院内では「麻薬」「麻酔薬」「抗がん剤」などを取り扱うケースもあります。 病院内で使用される薬と病院外の薬局で処方される薬剤では取り扱いをする薬の種類には歴然と差がでてきます。 診療所の横にあるような併設の保険薬局では、診療科目によって取り扱う薬の差もあります。

以上、病院薬剤師と保険薬局で働く保険薬剤師の業務の違いについて解説をしました。