薬剤師転職を成功させるために!

薬剤師転職 > 薬剤師転職の際のポイントは?

薬剤師転職の際のポイントは?

医療業界において、薬剤師の離職率は比較的低い方だとされていますが、それでも一般的な業種と比べると、離職・転職率は高めの数値となっています。あるデータによると、一年間に離職する薬剤師の割合は10人に1人とも言われています。事実、薬剤師の資格を持つ方が新卒採用から定年まで、一カ所の職場で働き続けるというケースは稀となっています。

このような現状において、薬剤師転職は、マイナスとして捉えるよりも「キャリアアップする好機」「職場環境を好転させるチャンス」と考えて、前向きに活動を行っていく事が重要となります。そのため、自分自身の能力を客観的に評価し、妥協することなく納得できる待遇や給与、職場を求め、求人を取捨選択する事が必要となってきます。

薬剤師は、専門性の高い国家資格の上、現状売り手市場となっている事もあり需要が高く、求人情報は潤沢にあります。そのため、条件さえ問わなければどんな仕事にも就くことが出来る反面、自分に適した職場を見つける事も、また難しくなっています。そういった背景があるからこそ、今、薬剤師の求人情報の質が問われているのです。

この薬剤師に関する求人情報を上手に取捨選択し、質の高い情報だけを集めるためには、薬剤師求人サイトの支援サービスを活用する事が不可欠です。

近年、薬剤師の転職支援サービスは増えてきましたが、こういったサービスやサイトを活用する事が出来れば、自分の能力や希望にあった求人情報を適切に集める事が出来ますし、調剤薬局や病院以外にも、ドラッグストア、製薬会社などの求人情報も総括して検索する事が可能です。

また、薬剤師転職支援サービスの多くは、登録時に担当者としてキャリアコンサルタントをつけてくれるため、自分の適正やキャリアに合った求人情報を提供してもらったり、履歴書作成のアドバイスや面接対策などの相談にも乗ってもらう事が出来ます。更に、面接の日程調整や再就職先との条件の折衝なども代行してもらえるため、転職活動をスムーズに進める事が出来るというメリットもありますよ。
福岡病院