薬剤師転職を成功させるために!

薬剤師に関する気になる転職情報などをご紹介いたします。

薬剤師転職の際のポイントは?

医療業界において、薬剤師の離職率は比較的低い方だとされていますが、それでも一般的な業種と比べると、離職・転職率は高めの数値となっています。あるデータによると、一年間に離職する薬剤師の割合は10人に1人とも言われています。事実、薬剤師の資格を持つ方が新卒採用から定年まで、一カ所の職場で働き続けるというケースは稀となっています。

このような現状において、薬剤師転職は、マイナスとして捉えるよりも「キャリアアップする好機」「職場環境を好転させるチャンス」と考えて、前向きに活動を行っていく事が重要となります。そのため、自分自身の能力を客観的に評価し、妥協することなく納得できる待遇や給与、職場を求め、求人を取捨選択する事が必要となってきます。

薬剤師は、専門性の高い国家資格の上、現状売り手市場となっている事もあり需要が高く、求人情報は潤沢にあります。そのため、条件さえ問わなければどんな仕事にも就くことが出来る反面、自分に適した職場を見つける事も、また難しくなっています。そういった背景があるからこそ、今、薬剤師の求人情報の質が問われているのです。

この薬剤師に関する求人情報を上手に取捨選択し、質の高い情報だけを集めるためには、薬剤師求人サイトの支援サービスを活用する事が不可欠です。

近年、薬剤師の転職支援サービスは増えてきましたが、こういったサービスやサイトを活用する事が出来れば、自分の能力や希望にあった求人情報を適切に集める事が出来ますし、調剤薬局や病院以外にも、ドラッグストア、製薬会社などの求人情報も総括して検索する事が可能です。

また、薬剤師転職支援サービスの多くは、登録時に担当者としてキャリアコンサルタントをつけてくれるため、自分の適正やキャリアに合った求人情報を提供してもらったり、履歴書作成のアドバイスや面接対策などの相談にも乗ってもらう事が出来ます。更に、面接の日程調整や再就職先との条件の折衝なども代行してもらえるため、転職活動をスムーズに進める事が出来るというメリットもありますよ。
福岡病院

老人看護を中心に仕事をしてきた人の転職

看護師になるときには、いろいろな疾患を勉強し、国家試験をパスして看護師になっているので、どの科に配属になっても問題はありません。また途中で科が変わっても看護師として働いていくことも可能です。

しかし、ずっと同じ場所で働いていた看護師にとっては、違う場所に変わるということは不安なことでしょう。ある程度勇気をもって転科の希望を出さなければ、違う分野には進みだせないこともあるのです。

総合病院や大学病院など大きな場所で働く看護師にとっては、病院の事例で転科もあり得ます。もしも、単科しかない病院だったらほかの科を経験することはできませんね。その場合は、自分で転職を希望してほかの病院、ほかの科に代わるしかありません。

しかし長年同じ病院で働いていた場合、科を変わるということはとても勇気があることです。それは疾患のとらえ方は同じだけれど、その年齢にあった看護の仕方や病院による技術の違いなどが異なるからです。そのために転職をするときには、よく見極めなくてはいけません。

例えば、老人看護を中心に働いていた人が転職しようとする場合、いきなり外科や小児科というところに転職するのはかなり難しいです。まったく知識が異なるからですね。

しかし、老人看護の知識を持っているのならば、介護の分野で働くこと、また内科病棟などで働くことはできるでしょう。病院によっては老人看護にずっと携わってきたので、その即戦力を求めて採用をしてくれるところも少なくないはずです。

いきなり全く違う分野に転職することはとても勇気のいることです。今の病院を辞めてほかの病院で働きたいと思った場合、まずは自分の経験を十分に生かせる病棟を選択したほうが働く環境としてもいいでしょうね。

それから少しずつ技術を身に着けていけばいいのです。老人看護の知識だけでも専門看護師や認定看護師への道もあります。その道を究めれば自分のキャリアアップも可能なのです。

夜勤のある超忙しい仕事から夜勤のない仕事へ

看護師をしている人ならば、これまで夜勤をしたことがあるという人がほとんどではないでしょうか?看護大学や看護学校を卒業して一番初めに入職するところは大学病院や総合病院といったところが多いでしょう。

そうすると必然的に夜勤をすることになります。一年目は一生懸命に働くだけで、ただ日々が過ぎていき、その後3年目に位になると、少し今後の仕事のやり方について考えてくる人が多いです。

そこで、今の夜勤のある仕事に疲れを感じていたら、夜勤のない仕事もいいなと思うのではないでしょうか。

夜勤があると、少ない人数で勤務をこなさなくてはいけないので、看護師一人一人の責任が大きいですよね。そのために精神的ストレスを感じて夜勤を辞めたいと考える看護師も多いんです。

それに比べて夜勤がないと、外来や血液センターなど、外から通ってくる患者さんが多いので、精神的な負担も減りますね。そのために夜勤に疲れた看護師が夜勤のない仕事を選ぶときは外来や血液センターを希望することが多いのです。

仕事の負担の面でメリットが大きいからです。しかし、夜勤のある仕事と夜勤のない仕事は看護師の収入にも大きな違いがあるというデメリットもあります。夜勤をすると夜勤手当があるので、ある程度の収入は期待できます。

しかし夜勤手当がないとその期待ができないのですね。そのために本当に夜勤をやめるべきかどうか迷う人も多いのが現実です。

転職をする際には、メリットデメリットを考えると本当に迷いますね。給料を取るべきか、または責任や精神的な負担を取るべきなのか?ということを考えるとなかなか決められません。そんなときに役に立つのが、自己分析です。

自分が何を求めているのか?どんなことをしたいのか?ということをはっきりさせ今後転職をするべきなのかどうかを見極める手助けになるでしょう。またこれまではっきり見えていなかったけれど、今後どういう道に進んだらいいのかということがおのずと分かってくるかもしれません。